2013年 08月 19日
御嶽「三種の神器」について...
毎年、採集地でお会いするカミキリ屋さんから『それにしても、御嶽の「三種の神器」って誰が名付けたんでしょうね?』ということを尋ねられますが、多分私のはずです...。もし、もっと前から使われている方がいましたら教えてください。訂正します。

私自身は、2003年7月19日の 日記 からこの表現を使わせていただいています。ネットや手元にある採集記(印刷物)などを調べた範囲内では、これ以前に使われている方はいないようです。

因みに私はこれらの採集にはそれなりの年月がかかっており、2003年の初トライから三種すべてを手にするまでに5年を要しました。当時は今よりも情報や経験が圧倒的に少なく、毎年悪天候の日に当たってしまったのが要因と思われます...。

1)2007.07.26
  オトメクビアカハナカミキリ/乙女頚赤花天牛
  Gaurotes otome Ohbayashi,1959

2)2008.07.20
  カラフトホソコバネカミキリ/樺太細短翅天牛
  Necydalis sachalinensis Matsumura et Tamanuki,1927

3)2008.07.20
  シナノスミイロハナカミキリ/信濃墨色花天牛
  Nivellia extensa yuzawai Shimomura et Toyoshima, 1988
  
 
よく聞かれるので、恐縮ながら記しておきます...(る♂
 
[PR]

by rosalia_ferriei | 2013-08-19 08:36 | Necydalis...


<< Lights...      クロホソコバネカミキリ [Ne... >>