2010年 12月 22日
砂遊び...
ということで、恐縮ながら島...。
f0238605_1855177.jpg

海岸の砂浜には微小甲虫が多数生息しているという...。
 
島の生暖かい北風に弄ばれながら、そんなムシ達を探してみた...(る♂
 



 
諸々@諸々を終えた夕刻、笊(ざる)と移植鏝(いしょくごて)を現地調達する。
 
カーナビの地形や地名を参考に海岸沿いを適当に流していると、良さそうな砂浜を見付けたため、そこでチェックしてみることにした。

早速、砂篩いを開始...。
 
f0238605_18434875.jpg

今回の主たる目標種はケシマグソコガネの仲間だが、彼らは海岸に生えた草の根際にいることが多いらしい。
 
島ではサキシマケシマグソコガネ、タイケシマグソコガネ、キタヤマホソケシマグソコガネの3種類が確認されており、前2種が根際で採れるようだ。
 
キタヤマ〜は、★★★★★(@六本脚図鑑)と少ない種のようで、根際にはほとんど居ないとのこと...。
 
f0238605_18495167.jpg

1)砂を入れる...。
 
f0238605_1850946.jpg

2)篩う...。
 
この単純作業をひたすら繰り返すだけだが、「篩う」作業は予想外に上肢に負担がかかりシンドイことが分った。

小麦粉を篩うのとは訳が違うようだ。
 

 
で、日没時間が刻一刻と迫り、辺りが徐々に暗くなってくる中、誰も居ない海岸でただ一人延々@黙々と珊瑚砂を篩う。

日没ギリギリになってくると、暗いため、笊の中に何が入っているのかすら分らなくなってきた...。
 
何かと触れるアダンの葉のトゲも痛くて仕方ない...。

そもそも、ケシマグソコガネの体長は 2-3mmと小さく、視認するという点から、これ以上はちょっと無理かも知れない。
 

 
f0238605_1922466.jpg

とうとう日没...ということで、ヌルが確定した...。
 
ヌルぽです...。
 
 

・・・
 
ド寝.com
 
・・・
 
 
 
早朝にコメツキムシの如く跳ね起き、早々に出発...。
 
以前の記憶を辿り、印象の良い砂浜があったと思われるエリアを目指す。
 
f0238605_1984274.jpg

「お砂場」に到着...。
 
スペクタクル的な日の出を背にして「篩い」を開始。

どの辺りから砂を掬おうか...。
 
f0238605_19103735.jpg

うむむ、このような盛り上がりや段差はムシが居そうな雰囲気があるな...。
 
 
f0238605_1911222.jpg

ザックリ掬うと、綺麗なハナムグリのエリトラが...。
 
これは吉兆なり...。
 
左手で砂の入った笊を持ち、右手の移植鏝で笊を叩打しながらリズミカルに篩っていくと...。
 
おや...。
 
笊の底にやや艶のある粒が...。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
f0238605_19142586.jpg

サキシマケシマグソコガネ [ Psammodius kondoi Masumoto,1984 ]
 
f0238605_1936387.jpg

っしゃ〜!
 
初・ケシマグソ...。

それにしても小さい...、ちょっとした浜風や鼻息で飛ばしてしまいそうだ...。
 

 
で、その後、同様の方法で複数のサキシマケシとタイケシを得ることが出来た。
 
タイケシは現場で写真を撮らなかったが、サキシマケシに比べると色が黒いため肉眼でも容易に区別がつく。
f0238605_19232054.jpg

タイケシマグソコガネ [ Petrovitzius thailandicusi (Balthasar,1965) ]
*写真の茶色いのがサキシマケシ、黒いのがタイケシ
 
図鑑の通り、サキシマケシは砂粒の細かいエリアを好む傾向があるようであった。
  
 
f0238605_19244098.jpg

他にはツチカメムシ(ジムグリツチカメムシ?)の仲間も得られた。

 
さて、一寸やってみて分ったことをば...。
 
最初は欲張って沢山砂を入れがちであるが、砂が湿っていると重い上に篩うスピードが劇的に落ちるという二重苦が容赦なく襲いかかる...。
 
しかしながら、篩い易いカラカラの乾燥した砂には何も居ないため、根際の程よく湿った砂を少しずつ@何度もマメに篩うのが効率的のようである。
 
f0238605_18551285.jpg

こんなに入れると手が疲れて長続きしない...。
 
f0238605_1856793.jpg

このぐらいが丁度良い。


で、その後は適当に車で移動しながら、篩い、写真、昼食と砂場遊びを満喫した。
 

f0238605_19365954.jpg

このビーチを独り占めしての昼食は最高であった。
 
f0238605_19372761.jpg

最後はこの海岸でタイケシとゴミダマを採集してお終いとした。
 
本格的な砂篩いは初めてであったが、なかなか楽しめた。
 
この冬場はビーチコーミング(海岸古民具) [ beach combing ]もしてみよう...。

f0238605_19371224.jpg

今回も島の自然に感謝...。



f0238605_19374356.jpg

コマルチビゴミムシダマシ [ Nesocaedius minimus (M.T.Chujo,1966) ]
 

f0238605_19375742.jpg

サキシマケシマグソコガネ [ Psammodius kondoi Masumoto,1984 ]

 
f0238605_193944.jpg

タイケシマグソコガネ [ Petrovitzius thailandicusi (Balthasar,1965) ]
 

f0238605_19381242.jpg

集合写真...。
 
 

「大人の砂遊びは楽し」ということで、また次回...(る♂
 

by rosalia_ferriei | 2010-12-22 00:05 | Insekten...


<< 島の朝...      島の夜... >>